電話: 0193-62-0511
FAX: 0193-62-0417
email: miyakoboard@hokuyo-group.co.jp

会社紹介

社名 宮古ボード工業株式会社
設立 昭和45年11月
所在地 本社 東京都文京区本郷1-25-5 合板ビル
工場 岩手県宮古市磯鶏1丁目6-36
資本金 5千万円
年商 11億円 (平成26年6月期)
代表取締役社長 井上 篤博
従業員数 26名  (平成29年6月期)
営業品目 パーティクルボード
生産能力 2,600 t/月

会社の沿革

昭和45年11月 岩手県宮古市にグループ合板工場の原木有効利用のため
宮古ボード工業株式会社を設立
昭和46年7月 国産パーティクルボードプラントとして操業を始める
昭和50年8月 JIS認定工場となる
昭和51年10月 代表取締役社長に井上博が就任、セイホク(株)企業グループに参入する
昭和58年5月 新秋木工業(株)パーティクルボード工場への技術指導を行う
昭和59年3月 東京ボード工業(株)パーティクルボード工場新設にあたり全面的な技術指導を行う
昭和63年6月 安全表彰、全国最高賞の労働大臣「優良賞」を受賞する
昭和63年8月 設備合理化のため、前工程の設備更新を実施する
平成3年8月 エコマーク認定商品となる
平成15年4月 岩手県再生資源利用認定製品に認定される
平成20年9月 日本工業規格適合性の認定を取得(新JISマーク)
平成21年4月 CCA処理木材無混入「ピュアボード」開発、販売する
平成23年3月 東日本大震災の津波にて被災し、約2ヶ月生産を停止する
平成23年5月 震災ガレキ木質チップを混入使用し『復興ボード』を生産する
平成28年11月 JIS規格の改正により製品の呼び名を改正